叩き彫

山田尚公の新作写真帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の夜や籠り人ゆかし堂の隅

春の夜や
大和の初瀬で詠んだ句です。
籠り人は「ゆかし」から女性であると和辻、山本健吉説ですが
西行をイメージする「薦を着て誰人います花の春」という句もあり
「ゆかし」が女性修行僧とは考え過ぎのようにも私は思いました。
他の本も読んでみたいと考えています。
スポンサーサイト

« 枯枝に烏のとまりたるや秋の暮|Top|髪はえて容顔蒼し五月雨 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sixstairs.blog87.fc2.com/tb.php/281-867b37d3

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。