叩き彫

山田尚公の新作写真帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪はえて容顔蒼し五月雨

かみはえて
芭蕉44歳の句
髪が生えてきて顔が青くなるという「若さ」もあります。
何かに没頭していて髪を整える間がなかったのでしょうか。
雨が降れば出歩けず、家に篭もって鏡を覗き込めば
蒼く疲れた顔が浮かぶ・・・。
ほんとうは剃髪の頭の毛が伸びて青いのです。
「ようがんあおし」の言葉の響きが美しく芭蕉のセンスを感じます。
スポンサーサイト

« 春の夜や籠り人ゆかし堂の隅|Top|2012年賀状 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sixstairs.blog87.fc2.com/tb.php/280-f2380bc4

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。