叩き彫

山田尚公の新作写真帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田一枚うへてたちさる柳かな

田一枚
木版画新作です。
芭蕉・奥の細道、栃木県・那須町で詠んだ句です。
西行が立ち寄った柳の下で、しばし西行を偲んだのです。
柳は謡曲「遊行柳」で知られ、
西行が「道のべに清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ」
と詠んだ場所でもあります。

スポンサーサイト

« 地蔵尊(板絵)|Top|カヤ材の文殊菩薩 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sixstairs.blog87.fc2.com/tb.php/244-601a4dc9

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。