叩き彫

山田尚公の新作写真帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象潟や

kisagataya
象潟や雨に西施がねぶの花   芭蕉 奥の細道

象潟は秋田県南部の名勝
「松島は笑ふが如く、象潟は憾(うら)むが如し」と芭蕉
1804年の象潟地震で海底が隆起し、陸地化した。

西施とは春秋時代の美女
越王勾践(こうせん)が、呉王夫差(ふさ)に復讐のため贈った伝説の美女
呉越同舟、臥薪嘗胆の時代の話です。

勾践は津山の人なら馴染み深い名前です。
児島高徳の詩「天、勾践を空しゅうする莫れ 時に范蠡無きにしも非ず」です。
国を滅ぼすほどの美女の名が象潟と6月の美しい花ネムと並びます。
現れる情景は想像できますが意味は分からない部分もあります。
スポンサーサイト

« 十一面観音|Top|住所印 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sixstairs.blog87.fc2.com/tb.php/199-8cebb24a

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。