叩き彫

山田尚公の新作写真帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクリヨノオホカミ

カクリヨノオホカミ
「かくりよのおほかみ あはれみたまひ めぐみたまへ 
さきみたま くしみたま まもりたまへ さきはへたまへ」
出雲地方では毎日、神前で唱える祝詞です。
「かくりよのおほかみ」はオオクニヌシノミコトなのです。
幽世(かくりよ)は目に見えない世界の事です。
目には見えなくても、すぐそこに神さまがいらっしゃるような気がしませんか。

50x35cm、とても良質なマツ材です。

参考価格:85,000円
スポンサーサイト

イワナガヒメ その2

イワナガヒメ1001272
「永劫(えいごう)」イワナガヒメにふさわしい言葉を添えてみました。
40x27cm、材はトチ

参考価格:55,000円

馬頭観音

馬頭観音1001271
「うき我を 淋しがらせよ かんこ鳥」猿蓑より芭蕉句
42x29.5cm、材はケヤキ

参考価格:60,000円

弁財天(その2)

弁財天1001272
53x26.5cm、材はトチ

参考価格:60,000円

スサノヲノミコト

スサノヲ1001271
53x26.5cm、材はトチ

参考価格:60,000円

弁財天

弁財天1001271
「きのふけふ 山は櫻の花ざかり ものかなしさも ゆたかなるかな」保田與重郎(木丹木母集)
99x58cm、材はマツ
絵柄は「弁財天」

参考価格300,000円

イワナガヒメ

イワナガヒメ1001271
大きさ:51.5x36cm
材:トチ
「猶(なお)見たし 花に明行(あけいく)神の声」芭蕉
画はイワナガヒメ

馬頭観音

batou
馬頭観音です。
版木がたいへん固いサクラだったので手間がかかりました。
宇宙を感じる仏さまです。

豊受大神

toyouke
この顔は豊受大神さまに違いないと思う絵がありました。
それを参考にしたのでオリジナリティの低い木版画かもしれません。
でも豊受大神さまはきっとこんなお顔です。

龍乗不動その2

ryujyoufudou2
これも90x60cmと大きな文字です。

来迎

raigou
一番大きな筆を使います。
90x60cmの大きさです。

桃花

touka
気合を入れて大きな文字を書きました。

あかつきのまどろみ浅くおもふこと

akatsukinomadoromi
死の文字がある歌です。
それなりの覚悟と冒険があります。
とても心に残る歌です。

山かげや入江の岬の一つ灯の

yamakageya
それこそ畏れ多い事をやっているのですが
せめて少しでも襟を正して書こうと努力しています。

冬の日は暮れゆくほどの

fuyunohiha
なんと深い情景なのだろうと思います。
自分が消えているのが感動的です。

大前にぬかづきをれば

oomaeni
左の絵は出雲大社です。
失敗してもそのままが良いそうですが
なかなか満足できる文字になりません。

龍乗不動

ryujyoufudou
これも小さなサイズ
龍に乗った不動さま・・ではなくて
龍に乗りて動かず・・ですね。

むめがゝにのっと日の出る山路かな

mumegakani
これはA4よりやや小さいほどの大きさです。

桃夭

このはなさくやひめ
こちらはコノハナサクヤヒメです。

相安相忘

いわながひめ
絵はイワナガヒメです。

み佛の


みほとけの
叩き彫展のために絵を描いてみました。
昨年のものより小さくなっています。

土乃神

土乃神1001101
クス材は強い香りがします。
土乃神1001102
切れ味が良いのがクスの特徴です。

クス材のアメノウズメノミコト

アメノウズメ1001071
思うところがあり少し今までと違うアメノウズメノミコトです。
裸も新しいですが、平面的立体とても言いましょうか・・。
アメノウズメ1001072
木を彫って作る彫刻の弱点を逆に誇張したというか・・・。

カヤ材のツキヨミノミコト

ツキヨミノミコト100104
高さ45cmとやや大きめです。

スサノヲノミコト

スサノヲノミコト100104
平成22年最初の作品
材はクスです。

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。