叩き彫

山田尚公の新作写真帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラのスサノオノミコト

スサノオノミコト1
こちらも旧作です。
棟方志功の版画からイメージして彫ってみました。
スサノオノミコト2
高さは29cmやや細長い形です。
おおらかな古事記の世界です。
スポンサーサイト

イチイの虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩31
旧作ですがイチイ材では大作です。
虚空蔵菩薩32
高さが43.5cmあります。
色も落ち着いて濃くなっています。
叩き彫は彫ってすぐの新作よりこれくらい時間が経ったものが完成と言えます。
虚空蔵菩薩33
もうこんな大きなイチイの材は無いので貴重な作品になりました。

スサノオノミコト

スサノオ
簡単に彫っても板が古いサクラ材で味が出ます。
他の板ではこうはいきません。

木版画「コノハナサクヤヒメ」

コノハナサクヤヒメ
久しぶりの新作木版画です。
美しい女性像は好みが出るのでしょうが
自分の好みがまだ掴みきれていないというのが
本音です。

カヤの阿弥陀如来

阿弥陀如来03
ちょっとスマートな阿弥陀さまです。
阿弥陀如来04
よく乾いている木なので彫り難いのですが表情が端正なものになりました。
最初の気持ちとは違う雰囲気になったのは材木の特性の影響ですね。

カヤ材の菩薩

菩薩6
カヤの潔さと円空風のスパッと切った顔です。
菩薩7
カヤはよく乾くほど彫りやすくなります。
普通の木は乾きすぎると彫りにくくなりますが
そんな事はありません。
菩薩8
こやって見ると仏さまというより神さまのようです。

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。